埼玉大学調節生理学研究室

お問い合わせ

業績

 

原著論文(2006年以降)

  • ●2017●
  • ●2016●
  • ●2015●
  • ●2014●
  • ●2013●
  • ●2012●
  • ●2011●
  • ●2010●
  • ●2009●
  • ●2008●
  • ●2007●
  • ●2006●
PAGETOP

総説

  • 塚原伸治、中島大介、藤巻秀和:
    脳の性分化におよぼす発達期トルエン曝露の影響と作用機序. 室内環境、13, 1-8, 2010.
  • Tsukahara S.
    Sex differences and roles of sex steroids in apoptosis of sexually dimorphic nuclei of preoptic area in postnatal rats. Journal of Neuroendocrinology, 21, 370-376, 2009.
  • 山内兄人、塚原伸治:
    ロードーシス神経制御機構の性差. Clinical Neuroscience, 27, 1120-1123, 2009.
PAGETOP

書籍

  • 脳とホルモンの行動学 行動神経内分泌学への招待 (近藤保彦、小川園子、菊水健史、山田一夫、富原一哉 編、西村書店、2010年) 分担執筆:塚原伸治「第4章 哺乳類の性分化」
  • 脳の性分化(山内兄人、新井康允 編、裳華房、2006年) 分担執筆:塚原伸治「3.1.3.下位脳幹の性差」、「3.2.神経核形成のメカニズム(アポトーシス)」
PAGETOP

学会発表(2011年度〜)

  • 第41回日本内分泌学会大会及びシンポジウム(レポート)
     ポスドク 前嶋翔「交尾経験が促進させる雄性行動の神経制御機構における神経ペプチドの関与」
     修士2年 ファムディン ユイ「ニホンウズラ(Coturnix japonica)におけるβ-Defensinの遺伝子発現」
  • 第22回国際動物学会議 第87回日本動物学会大会の合同大会(レポート)
     准教授 塚原伸治「Difference and homology of sexually dimorphic brain structures among quails, mice,              musk shrews, and common marmosets」
     修士2年 森下 雅大「Roles of testicular testosterone and ovarian estradiol during puberty on the formation of                sexually dimorphic brain structures in mice」
  • SFN 2016 ニューロサイエンス 北米神経科学会議(レポート)
     ポスドク 前嶋翔「Sexual experience influence gene expression pattern of corticotropin-releasing hormone
               (CRH) and vgf nerve growth factor (VGF) in the medial preoptic nucleus (MPN) in male rats.」
  • 第40回 鳥類内分泌研究会(レポート)
     教授 小林哲也「ウズラのファブリキス脳におけるfowlicidin-1,-2,-3 mRNAの発現」
  • 第43回 日本神経 内分泌学会学術集会(レポート)
     修士2年 田中相子「マウス、スンクス、コモンマーモセットのカルビンディン発現細胞により構成される性的二型核」
     修士1年 森下雅大「性的二型核の性差構築に対する思春期の性ステロイドホルモンの影響」
  • 第25回 日本行動神経内分泌研究会(レポート)
     准教授 塚原伸治「カルビンディンニューロンの脳内分布における種差と性差」
     ポスドク 前嶋翔「交尾経験によって促進する雄性行動の神経制御における Vgf nerve growth factor inducible (VGF)」
     修士1年 森下雅大「マウスの視索前野、分界条床核および背側視床下部の性差形成における性ステロイドホルモンの影響」           優秀発表賞受賞
  • 第39回 日本神経科学大会(レポート)
     准教授 塚原伸治「Gonadal steroid actions on sex-specific formation of the brain」
     ポスドク 前嶋翔「Involvement of neurons expressing corticotropin-releasing hormone (CRH)
                                   and vgf nerve growth factor inducible (VGF) in the central part of the medial
                                   preoptic nucleus on sexual behavior in male rats」
     博士2年 Nang Thinn Thinn Htike「Arsenic exposure induces forced S phase entry linked to
                                                             cell death mouse cortical astrocytes」
       修士2年 田中相子「A comparative study of morphological sex differences in the brain of mice,
                                      suncus, and common marmosets」  
  • RegPep2016(レポート)
     教授 小林哲也「Regulatory mechanisms of the mRNA expression of fowlicidin-1,-2,-3 and
                                 their biological roles in the quail (Coturnix japonica) bursa of Fabricius」
  • 第42回 日本神経内分泌学会・第23回 日本行動神経内分泌研究会(JSBN)合同学術集会(レポート)
     准教授 塚原伸治「脳の性差:新たに見つかった視床下部の性的二型領域」
     ポスドク 前嶋翔「分界条床核へ投射する内側視索前核中心部ニューロンの雄性行動制御における関与」
     博士3年 金谷萌子「性的二型核の性差形成における周生期と思春期の性ステロイド作用」
     修士2年 星川佑実「初産雌ラットの産後初期における仔育て経験の母性行動促進効果」
     修士2年 森田沙也佳「初産ラットの内側視索前核ニューロンの形態およびグルタミン酸受容体に対する
                    母仔接触と仔育ての影響」
     修士2年 山口祥平「雄ラットにおける内側視索前核中心部の神経活性に対する性経験の影響」
                        優秀ポスター発表賞受賞
     修士1年 鎌田亜里紗「内側視索前核ニューロンのスパインと神経突起に対する仔育ての影響」
     修士1年 田中相子「カルビンディン発現ニューロンにより構成される性的二型核の比較解剖学的解析」
                        最優秀ポスター発表賞受賞
  • 第86回 日本動物学会(レポート)
     修士2年 池田拓実「ウズラのファブリキウス嚢におけるfowlicidin-3の発現解析」
  • 第39回 日本比較内分泌学会大会・第8回 国際両生類爬虫類神経内分泌学会 合同大会(レポート)
     ポスドク 前嶋翔「Hormonal and Osmotic Regulation of Water Absorption Behavior of Japanese Tree Frog,Hyla japonica」
     修士2年 近藤洋匡「Tissue expression and biological effects of fowlicidin-2 in the quail Bursa of Fabricius」
  • Neuroscience 2014(レポート)
     博士3年 金谷萌子「Difference and similarity in sex steroid action on formation of morphological
                    sex difference between the anteroventral periventricular
                    nucleus and the principal nucleus of the bed nucleus of
                  the stria terminalis」
     博士2年 Chaw Kyi Tha Thu 「A novel sexually dimorphic area exhibiting female-dominant morphology
                         in the hypothalamus of mice」
     修士2年 早乙女晴香「Effects of arsenic exposure on proliferation and cell death of primary
                     astrocytes in mice」
  • 第85回 日本動物学会(レポート)
     修士2年 伊藤宙土「マウスの視床下部において新たに発見した形態学的性差を示す領域の組織学的解析」
     修士2年 近藤洋匡「ファブリキウス嚢におけるfowlicidin-2の生理的役割」
     修士1年 森田沙也佳「自然分娩した雌ラットの母性行動発現を促進する育仔経験の至適時期の検討」
     
  • 第21回 日本行動神経内分泌研究会(JSBN)(レポート)
     ポスドク 前嶋翔「雄ラット性経験獲得における内側視索前核中心核の生理的役割」
     修士2年 伊藤宙土「マウスの視床下部で発見した雌優位な形態学的性差がある領域の性差形成における
                  性ステロイドの役割」
     修士2年 早乙女晴香「マウス初代培養アストロサイトの細胞周期と細胞死に対するヒ素曝露の影響」
     修士1年 森田沙也佳「母性行動を促す育仔経験の内側視索前野ニューロンに対する影響」
                        優秀発表賞受賞
  • The International Congress of Neuroendocrinology 2014:(レポート)
    ポスドク 前嶋翔「Morphological analysis of novel small neurosecretory protein,NPGL and
               NPGM,deriverd from novel genes in the rat hypothalamus」
    博士3年 金谷萌子「Regional differences in sex steroid action on formation of sexually
                 dimorphic nuclei in mice」
    博士2年 Chaw Kyi Tha Thu「A female-dominant sexually dimorphic area sandwiched between
                      male-dominant sexually dimorphic nuclei in brain of mice
  • 第40回 日本神経内分泌学会学術集会/第38回 日本比較内分泌学会大会(レポート)
     博士2年 金谷萌子「性的二型核形成に関与する性ステロイド作用の領域特異性」
     博士2年 Chaw Kyi Tha Thu「 A female-dominant sexually dimorphic area located between two
                         male-dominant sexually dimorphic nuclei in mice」
     修士1年 近藤洋匡「ファブリキウス嚢におけるfowlicidin-2の生理機能の解析」
  • 第84回 日本動物学会(レポート)
     博士2年 金谷萌子「マウスの性的二型核形成に関与する性ステロイド作用の部位差」
     修士2年 阿部雄太「交尾経験が引き起こす雄ラットの内側視索前核における機能的変化」
     修士2年 沖野恵理「雌ラットにおける内側視索前野のスパインに対する育仔経験の影響」
     修士1年 近藤洋匡「ファブリキウス嚢におけるfowlicidinの発現と生理機能の解析」
     塚原伸治「雄ラットの性的覚醒を引き起こす神経機構」
  • 第19回 日本行動神経内分泌研究会(JSBN)(レポート)
     博士2年 金谷萌子「マウスの性的二型核形成に関与する性ステロイド作用の部位差」
     博士1年 Chaw Kyi Tha Thu「A female-dominant sexually dimorphic structure sandwiched
                     between two male-diminant sexually dimorphic nuclei in mice」
                        優秀発表賞受賞
     修士2年 阿部雄太「交尾経験が引き起こす雄ラット内側視索前核における機能的変化」
  • 第37回 日本比較内分泌学会大会・シンポジウム(レポート)
     修士2年 青山純也「成長遅延症マウス膵ランゲルハンス島におけるインスリン分泌異常の解析」
     学部4年 近藤洋匡「ウズラのファブリキウス嚢におけるfowlicidin-2の発現とその機能解析」
  • Neuroscience 2012(レポート)
     博士3年 佐藤千佳「nucleus accumbens core and shell complementary inhibit redundant actions
                  with different temporal pattern」
     博士3年 Kyaw Htet Aung「Live imaging analyses for evaluation of the effects of sodium arsenite and hydroxylated polychlorinated biphenyls on the viability and neurite outgrowth in Neuro-2a cells」
     博士1年 金谷萌子 「Involvement of the septum on neonatal estrogen-induced
                   behavioal defeminization in rats」
  • 日本神経内分泌学会 第39回 学術集会(レポート)
     博士1年 栗原良平「マウスの分界条床核と前腹側脳室周囲核の性差形成に関与する性ステロイドの作用機構」
     修士2年 大越幸太「マウスの視索前野におけるERα発現細胞の性差」
  • 第35回 日本神経科学大会(レポート)
     博士3年 Kyaw Htet Aung「Live imaging analyses for evaluation of the effects of sodium arsenite and
              hydroxylated polychlorinated biphenyls on the viability and neurite outgrowth in Neuro-2a cells」
     博士1年 金谷萌子「雌ラット新生期中隔破壊は新生期エストロゲン投与による行動の脱雌性化を
                  阻止するが無排卵症候群は阻止しない」
     修士2年 中島静香「雄ラットの視索前野性的二型核のスパインは射精経験によって減少する」 
  • 第83回 日本動物学会(レポート)
     博士1年 金谷萌子「雄ラットのロードーシス発現に対する新生期中隔破壊効果」
     博士1年 栗原良平「マウスの性的二型核の周生期エストロゲンに対する応答性」
  • 第16回 日本行動神経内分泌研究会(レポート)
     博士3年 Kyaw Htet Aung「Evaluation of sodium arsenite-induced inhibition of neurite outgrowth
                  by live cell imaging and alteration of cytoskeletal gene expression in Neuro-2a cells」
     博士1年 金谷萌子「性行動の脱雌性化に対する新生期中核破壊の効果」
     修士2年 大越幸太「新生仔期マウスの視索前野におけるERα発現細胞の性差」
                       Presentation Award受賞
  • 北米神経科学学会 2011(レポート)
     准教授 塚原伸治「Sexual experience reduces spine number of the sexually dimorphic nucleus
                 of the preoptic are in male rats 」
     博士2年 佐藤千佳「Nucleus accumbens core mediates inhibition of redundant actions
                 under learnd no-reward situation 」
  • 第82回 日本動物学会(レポート)
     教授  小林哲也「成長遅延症マウスにおける顎下腺の機能解析」
     修士2年 栗原良平「マウス性的二型核形成におけるエストロゲン受容体および芳香化酵素の遺伝子欠損の影響」
     修士1年 大越幸太「遺伝子改変マウスを用いた芳香化アンドロゲン脳内応答機構の解析」
     修士1年 中島静香「交尾経験に伴う雄ラットSDN-POAニューロンの微細構造変化」
  • 第34回 日本神経科学大会:(レポート)
     准教授 塚原伸治「周生期ラットにおけるSDN-POAの性特異的な組織構造形成」
     博士2年 佐藤千佳「大脳基底核側坐核コアによる学習された無報酬状況下での行動抑制」
     修士2年 栗原良平「マウス性的二型核形成における芳香化酵素とエストロゲン受容体の遺伝子欠損の影響」
     修士1年 中島静香「性経験による雄ラットSDN-POAニューロンの微細構造変化」
  • 第15回 日本行動神経内分泌発表会:(レポート)
     修士2年 加藤行則「周生期ラットにおけるSDN-POAの性差形成」
                        Travel Award受賞
     修士1年 中島静香「交尾経験による雄ラットSDN-POAニューロンの微細構造変化」
                        Award/Presentation Award受賞
PAGETOP

依頼講演等(2011年度〜)

  • First Asia-Pacific Conference on Integrative Behavioral Science(2011.07.24、中国西安市)
     准教授 塚原伸治「Formation and function of tissue structure in the sexually dimorphic nucleus of the              preoptic area in rats.」
PAGETOP
Formation and function of tissue structure in the sexually dimorphic nucleus of the preoptic area in rats. First Asia-Pacific Conference on Integrative Behavioral Science, Xi’an, China, July 24-28, 2011.