埼玉大学調節生理学研究室

お問い合わせ

研究室紹介

研究室紹介

研究目的

調節生理学研究室では、動物の様々な生理現象を支配調節する神経系や内分泌系のメカニズム解明を目指して、モデル動物(ラット、マウス、ウズラ、カエルなど)を用いた分子から個体レベルの研究を行っています。現在進めている主な研究テーマは、
1)恒常性の維持に関わる生理活性物質の探索とその機能及び分泌調節機構
2)脳の構造や機能の性差形成メカニズム(脳の性分化機構)
3)動機に基づく最適行動を制御する神経機構と最適行動の学習過程
などがあります。

教育・研究体制

当研究室では、上記の研究テーマに関する新たな知見を得るため、理学部生体制御学科、理工学研究科・生命科学系専攻・生体制御学コース博士前期課程、及び理工学研究科・理工学専攻・生命科学コース博士後期課程の学生諸氏が日々研究に勤しんでいます。興味がある方は気軽にご連絡下さい。

卒業生の進路(就職先)

警視庁、航空自衛隊、特許庁、生化学工業(株)中央研究所、 中央研究所、国立成育医療センター研究所、(株)MICメディカル、日本クレア(株)、 (株)新日本科学、(株)東ハト、第一三共(株)、(株)セイファート、ゼリア新薬工業(株)、三菱化学メディエンス(株)、 (株)岩瀬歯科商会、(株)マルハニチロ食品、(株)コーセー、森永乳業(株)、(株)三菱総合研究所、財団法人日本自動車研究所、サノフィ・アベンティス(株)、ヱスビー食品(株)、大日本住友製薬(株)、三菱マテリアルテクノ(株)、小川香料(株)、(株)アルファシステムズ、山崎製パン(株)、神戸冷生地事業所、田中産業(株)、花王(株)、(株)メディネット、(株)シンエンス、文京盲学校、本郷学園 本郷中学・高等学校、 など

順不同

PAGETOP