埼玉大学調節生理学研究室

お問い合わせ

メンバー

syugo

教員

小林 哲也 教授 ( Tetsuya Kobayashi )

専門
分子内分泌学・動物生理学

研究内容
(1)脳下垂体ホルモンの分泌調節機構の研究
(2)ホルモンの生理作用の解析
(3)新規生理活性物質の探索と機能解析

(4)鳥類の生殖系器官の左右不相称性発達に関する研究

E-mail
tkoba@

詳しい研究内容はこちらから>>

塚原 伸治 准教授 ( Shinji Tsukahara )

専門
神経内分泌学・神経組織学

研究内容

(1)脳の性分化に関する研究
(2)環境化学物質の神経毒性に関する研究

E-mail
stsuka@

詳しい研究内容はこちらから>>

古舘 宏之 助教 ( Hiroyuki Furudate )

専門
神経生物学

研究内容
(1)最適行動出力における大脳基底核側坐核の役割に関する研究

E-mail
furudate@

メール送信時は、各アドレスの@の後ろにmail.saitama-u.ac.jpをつけて下さい。

詳しい研究内容はこちらから>>

調節生理学研究室メンバー(令和1年度現在)

                                                   
学年氏名研究テーマ
博士2年森下雅大脳の性分化における性ステロイドホルモンの役割と作用に関する研究
修士2年 青柳瑳紀 スンクスの分界条床核の性差形成における性ホルモンの役割
植野寛菜雌ラットにおける内側視索前野の性的二型核の生理機能の解明
長主貴文 報酬依存的および非依存的状況での行動制御機構における側坐核の機能解析
修士1年 小野浩太 マウスにおける性的二型核の神経回路に関する研究
佐藤玄基 短鎖脂肪酸投与によるウズラ抗菌ペプチドの発現解析
三塚萌里マウスの社会行動制御におけるカルビンディンニューロンの役割
学部4年 赤坂一真 DT40を用いた宿主防御ペプチド発現に対する活性型ビタミンD3の効果
上田千尋 雄ラットにおける異性行動抑制機構の解析
小田叡子霊長類および齧歯類における性的二型核の比較組織学的解析
小磯諒馬マウスの性的二型核における性ステロイドホルモン受容体の組織学的解析
小林里沙報酬獲得後の行動制御における側座核コアとシェルの関係
三枝陸両生類脳下垂体前葉からのプロラクチン放出に対する内リンパ嚢の役割
シュカン最適行動完了までに必要な訓練回数に関する新規課題の探索
高木凌雌マウスにおけるCalbindin D-28発現ニューロン破壊の影響
中原美音ウズラのファブリキウス嚢における抗菌ペプチド発現に光条件が与える影響
大学院生募集中!
研究に興味のある方はご連絡ください
PAGETOP