埼玉大学調節生理学研究室

お問い合わせ

メンバー

syugo

教員

小林 哲也 教授 ( Tetsuya Kobayashi )

専門
分子内分泌学・動物生理学

研究内容
(1)脳下垂体ホルモンの分泌調節機構の研究
(2)ホルモンの生理作用の解析
(3)新規生理活性物質の探索と機能解析

(4)鳥類の生殖系器官の左右不相称性発達に関する研究

E-mail
tkoba@

詳しい研究内容はこちらから>>

塚原 伸治 准教授 ( Shinji Tsukahara )

専門
神経内分泌学・神経組織学

研究内容

(1)脳の性分化に関する研究
(2)環境化学物質の神経毒性に関する研究

E-mail
stsuka@

詳しい研究内容はこちらから>>

古舘 宏之 助教 ( Hiroyuki Furudate )

専門
神経生物学

研究内容
(1)最適行動出力における大脳基底核側坐核の役割に関する研究

E-mail
furudate@

メール送信時は、各アドレスの@の後ろにmail.saitama-u.ac.jpをつけて下さい。

詳しい研究内容はこちらから>>

調節生理学研究室メンバー(平成29年度現在)

                                                                    
学年氏名研究テーマ
ポスドク 前嶋翔 性経験によって促進する雄性行動制御の構造分子基盤
修士2年伊藤真知鳥類ファブリキウス嚢におけるcathelicidin-B1の発現と生理機能の解析
内山慶 経験による雄性行動促進の神経制御機構に関する研究
大畠諒子 トランスジェニックマウスを用いた脳の性差構築過程の解明
小田嶋翠クロヌタウナギの甲状腺ホルモン生合成経路に関する研究
久保田理香両生類脳下垂体前葉からのPRL放出機構の解析
佐藤菜津子マウス乳仔期における脳神経系の発達への甲状腺ホルモンの役割に関する研究
西山美穂マウスの乳仔期における甲状腺ホルモンの生理的役割に関する研究
森下雅大脳の性分化における性ステロイドホルモンの役割と作用に関する研究
修士1年 飯島尚貴 BNSTpvの形成機構の解析
石川綜一郎状況変化に伴う行動制御における側坐核コア、及びシェル領域の機能解析
金谷実咲 DT40を用いた抗菌ペプチドの発現と生理機能の解析
小林聡美性的指向を規定する性ホルモンの中枢作用に関する研究
廣田晴喜側坐核, 海馬, 前頭前野間にみられる入出力関係の解析
村上雅貴両生類のTRH誘導性PRL放出におけるシグナル伝達機構の解析
学部4年 青柳瑳紀 ラットにおける脳の性分化に対する成育環境の影響
石田充ウズラにおけるDefensin-5,8の発現の解析
清田裕 コモンマーモセットとマウスの性的二型核の比較
小久保秀哉幼少期マウスの脳における甲状腺ホルモンの機能解析
鈴木悠太 両生類のPRL放出に対するELSの関与の検討
民辻真梨ウズラのハーダー腺におけるメラトニンの合成に関する研究
長主貴文報酬依存的および非依存的状況での行動制御機構における側坐核の機能解析
大学院生募集中!
研究に興味のある方はご連絡ください
PAGETOP