埼玉大学調節生理学研究室

お問い合わせ

メンバー

平成25年度 生体制御学コース修士論文発表会

平成26年2月13日(木)、「生体制御学コース修士論文発表会」が行われました。
調節生理学研究室に所属する3名の修士2年生が、これまでの成果を口頭発表しました。

abe
阿部雄太「雄ラットの性行動制御における内側視索前野の生理機能に関する研究」


okino
沖野恵理「雌ラット内側視索前野におけるニューロンの形態い対する育仔経験の影響」


kakizaki
柿崎諒「変態期のウシガエル幼生におけるPRLの分泌機構と生理作用の検討」

PAGETOP