埼玉大学調節生理学研究室

お問い合わせ

メンバー

平成26年度 生体制御学コース修士論文発表会

平成27年2月17日(火)、「生体制御学コース修士論文発表会」が行われました。
調節生理学研究室に所属する4名の修士2年生が、これまでの成果を口頭発表しました。

ito
伊藤宙土「マウス視床下部におけるエストロゲン受容体α発現ニューロンの性差と生理機能に関する研究」


oishi
大石直哉「経験によって促進する雄性行動の神経制御機構に関する研究」


kondo
近藤洋匡「鳥類のファブリキウス嚢におけるfowlicidin-2の発現とその生理機能に関する研究」


soutome
早乙女晴香「培養細胞を用いたヒ素の神経毒性に関する研究」

PAGETOP