埼玉大学調節生理学研究室

お問い合わせ

メンバー

平成26年度 生体制御学科 卒業研究発表会

平成27年2月18日(水)、「生体制御学科 卒業研究発表会」が行われました。
調節生理学研究室に所属する6名の学部4年生が、これまでの成果および今後の研究計画を発表しました。

kamada
鎌田亜里紗「内側視索前野のアクチン結合タンパク質に対する育仔経験の影響」


sasaki
佐々木遥香「脳の性分化機構の解明に有用な遺伝子改変マウスの作出」


shindo
新藤春香「両生類のTRH誘導性PRL分泌におけるシグナル伝達機構の解析」


tanaka
田中相子「思春期における脳の性分化に関する組織学的解析」


nakano
中野亜紀「クロヌタウナギの甲状腺高ヨウ素含有タンパク質の単離」


yui
ファムディンユイ「鳥類におけるディフェンシンの探索とその生理機能の解明」


PAGETOP