埼玉大学調節生理学研究室

お問い合わせ

メンバー

平成29年度 生体制御学科 卒業研究発表会

平成30年2月08日(木)、「生体制御学科 卒業研究発表会」が行われました。
調節生理学研究室に所属する7名の学部4年生が、これまでの成果および今後の研究計画を発表しました。


青柳瑳紀「ラットにおける脳の性分化に対する成育環境の影響」


石田充「ウズラにおけるDefensin8の発現の解析」


清田裕「マウスとコモンマーモセットにおける性的二型核の比較組織学的解析」


小久保秀哉「乳児期マウスの行動に対する甲状腺ホルモンの作用」


鈴木悠太「両生類のTRH誘導性PRL放出におけるCa2+の関与〜ELSからのCa2+放出の検討」


民辻真梨「ウズラのハーダー腺におけるメラトニンの合成に関する研究係」


長主貴文「報酬依存的および非依存的状況での行動制御機構における側坐核の機能解析」


PAGETOP