埼玉大学調節生理学研究室

お問い合わせ

研究内容

古舘 : 最適行動出力における大脳基底核側坐核の役割に関する研究

人間を含めた動物の脳は、モチベーション(動機づけ)等の内的な情報と外部環境情報をもとに、最適行動を出力することができる。我々はラットの八方迷路課題を用いた最適行動の出力の調節について研究を行っている。特に、大脳基底核の側坐核に注目し研究を行っている。側坐核は、2つの領域、すなわちシェル領域とコア領域から構成されており、主に条件学習の側面から研究が行われてきた。条件学習とは、パブロフの犬に代表されるような、外的な刺激に対する学習である。側坐核シェルは条件学習には関与せず、学習を必要としない動機づけ行動や無条件刺激に対する動機づけされた行動に関与することが知られている。側坐核シェルと対照的にコアは条件づけ刺激に対する動機づけされた行動の発現に関与することが知られている。このように条件学習のような、外的な刺激に対する学習行動に関する研究は行われているが、動物の自発的な行動をともなう最適行動の学習については研究が行われていないのが現状である。

我々が用いている実験系は、前述の行動実験手法とは異なり、動物自身の行動にともなって報酬の期待値が変化する点が特徴である。我々は、最適行動およびその学習過程において側坐核がどのような役割を果たしているかを明らかにするために、慢性電極を側坐核のシェルとコアに設置した神経行動学的な方法によるニューロン活動の解析、シェルとコアを局所破壊することによる最適行動に対する影響の解析を進めている

PAGETOP